患者さん・ご家族の方へ

アザレアネットのイメージ

アザレアネットとは、インターネット回線を利用し、ID-Linkという地域医療連携システムを用いて、検査、処方、画像などの診療情報を患者さんの同意のもと、地域の医療機関が共有することで、地域医療連携の強化を目指すネットワークのことです。

アザレアネットのご利用方法

  1. 受診された診療所・病院などで必要と判断されれば参加を勧められますので、説明を聞いて、理解された上で「診療情報地域連携システム参加同意書」に署名してください。
  2. 診療情報を提供する情報開示施設と、その情報を利用(閲覧)するかかりつけの診療所・病院等を、この同意書によって指定頂きます。
    (※患者さんが指定した医療機関に対してのみ診療情報を提供します。)
  3. アザレアネットへの参加を取りやめたい場合は、同意書を提出した際に受け取られた「同意撤回書」を提出していただければいつでも理由を問わず中止することができます。

アザレアネットを利用するメリット

  • 同意を頂いた情報開示施設での投薬、注射、検査、画像検査などの情報について、かかりつけの診療所、病院等で説明を受けることができます。
  • 重複する検査や薬剤の投与を避けることが出来る場合もあります。
  • 紹介状に書かれていない情報も必要となればすぐ閲覧できますので、紹介先での診療・治療に役立ちます。

よくあるご質問

アザレアネットへの登録には、お金がかかるのですか?
患者さんの登録にかかる費用負担はありません。
アザレアネットに参加したら、すべての医療機関から閲覧可能となるのですか?
患者さんが同意書で指定した医療機関のみに閲覧権限を与えます。