このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 

久留米医療圏におけるアザレアネットの根幹をなすID-Linkの研究会は全国で場所を変えて開催されますが、今年度は佐賀県における診療情報地域連携システム(愛称:ピカピカリンク)の主催で、佐賀市において開催されます。

この数年のコロナ禍で医療DXが飛躍的に推進され、診療情報地域連携システムの有用性も広く認識されました。日常診療を取り戻しつつある今、各地でさまざまな形で進化したID-Linkの利用を多くの施設より発表して頂き、さらに発展していくことが期待されます。

近隣で開催されるこの機会にぜひ参加して頂き、ID-Linkへの理解を深め、アザレアネットの活用にいかして頂ければと思います。

参加をご希望の方は下記URLより11月10日(金)までにお申込み頂きますよう宜しくお願い致します。

 

日 時 令和5年11月25日(土)13:00~

場 所 ホテルグランデはがくれ

     佐賀市天神2丁目1番36号 TEL(0952)25-2212

テーマ 「医療情報連携ネットワークがもたらす地域連携の価値

~これまでも、これからも~」

参加費 事前登録 3000円(税込)
    当日参加 4000円(税込)

    情報交換会 6000円(税込)

 

○第11回全国ID-Link研究会ホームページ

https://www.mykarte.org/11th_ID-Link_workshop/

○参加申込ページ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe_n-6AH5Z6BhzxV7nA_cpl2Y1rBKJ0hz1ck9JBGZCAvG7FvA/viewform

 

その他 

 ①参加費につきましては、上記HPの参加申込を参考にご自身でお振込みをお願い致します。

 新型コロナウイルス感染症により、講習会の開催もここ数年できませんでしたが、その間にID-Linkは機能強化され、アザレアネットも運用方法を変更してより使いやすくしていく計画となっていますので、5類感染症への移行を契機として、数年ぶりの講習会を企画しました。国が進めるオンライン資格確認システム(全国医療情報プラットフォーム)などの医療DXとアザレアネットをどう組み合わせて使っていくか、また、IT関係を苦手とする先生をどうスタッフが支援して使いこなすか、についても ご説明する予定です。

 今回は対面にて、医師を始めとして看護師や医療事務の方々も対象とし、ご一緒に活用方法を考えて頂く内容となっておりますので、多数のご参加をお願い致します。

 

日 時 令和5年7月19日(水)19:00から

場 所 久留米医師会館 ホール

演 題 「アザレアネットの機能追加について~より便利に誰もが使うには~」

     ①アザレアネットの操作に係るポイント

     ②閲覧医療機関も手動アップロードで開示可能

     ③口頭同意の導入 等

講 師 聖マリア病院 情報システムアドバイザー  久留米医師会理事  荒木 昭輝 先生